ROKKO ISLAND AREA

六甲アイランドエリア

さわやかな海風が誘う
海上都市/みなとKOBE

六甲アイランドエリア

六甲アイランドエリアの基本情報INFORMATION

六甲アイランドエリアの特徴 アイランド内には病院・ホテル・商業施設・文教施設等整っており
ちょっと都会離れしたリッチな空間を感じさせる。
六甲アイランドエリアの教育施設
医療機関、商業施設など
公園の数 六甲アイランド公園、向洋東公園ほか(9)
保育園・幼稚園の数 神戸市保育ママ光の子リジョイスほか(11)
小学校の数 神戸市立向洋小学校、六甲アイランド小学校ほか(3)
小児科の数 六甲アイランド甲南病院ほか(2)
スーパーの数 トーホーストア、グルメシティほか(4)
薬局・ドラッグストアの数 アルカドラッグ六甲アイランド店ほか(9)

アクセスACCESS

鉄道

住吉まで六甲ライナーで8分/三宮までJR東海道本線で7分/明石まで22分/大阪までJR東海道本線で20分/京都まで55分/魚崎まで六甲ライナーで5分/大阪まで阪神電鉄で30分住吉まで六甲ライナーで8分/三宮までJR東海道本線で7分/明石まで22分/大阪までJR東海道本線で20分/京都まで55分/魚崎まで六甲ライナーで5分/大阪まで阪神電鉄で30分

湾岸幹線道路で三宮まで21分/阪神高速3号線・第二神明道路で明石まで50分/阪神5号湾岸線で大阪まで39分/京都まで75分 みなと観光バス・・・六甲アイランドを中心に市内外各地を走る路線バスも運行!湾岸幹線道路で三宮まで21分/阪神高速3号線・第二神明道路で明石まで50分/阪神5号湾岸線で大阪まで39分/京都まで75分 みなと観光バス・・・六甲アイランドを中心に市内外各地を走る路線バスも運行!

六甲アイランドエリアご近所マップMAP

六甲アイランドエリアご近所マップ
  • 保育所
  • スーパー
  • 郵便局
  • 学校
  • 病院・薬局
  • 公園
  • 役所関係
  • 警察署
  • 図書館
  • 飲食店
  • ショッピング
  • スポーツ施設
  • 駐車場
GISでみる

※GIS(地理情報システム)とは地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を
持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示する技術。

六甲アイランドエリア 5の魅力5GOOD POINTS

全体のこと01

景観と安全を考慮して整備された国際色豊かな海上都市。
充実した教育機関と住環境で、のびのびと子育て。

神戸市東灘区の沖合、六甲大橋が本土を結ぶ総面積約580haの広大な人工島・六甲アイランドは1988年に誕生。現在約2万人が居住し、「六(ロク)アイ」「RIC(六甲アイランドシティ)」の略称で親しまれています。交通の大動脈「六甲ライナー」が縦断する区画整理された海上都市は、街の機能性がありながらも緑あふれる景観。教育機関・施設も充実しており、「この街で子どもを育てたくて」と移住の理由を話す人も少なくありません。また、海外からの居住者が多く、国際色の豊かさも特長の一つです。

02教育環境

幼稚園・保育園から大学、塾・習い事・スポーツ活動まで、子どもの可能性を引き出す特色ある教育施設が充実。

六甲アイランドの街の中心部には幼稚園・保育園から大学・専門学校、インターナショナルスクールまで、それぞれ特色ある教育機関が揃い、高い教育水準を維持しています。塾や習い事の施設もあり、二つの公立小学校のグラウンド・教室などを利用した地域のスポーツ・文化活動も盛んです。また、歩道・車道が完全に分離した道路が整備されており、子どもたちの通学も安心。放課後や週末は緑いっぱいの公園などで元気に駆け回る子どもたちの姿が見られます。

  • 神戸市立向洋小学校
  • 神戸市立向洋小学校
  • 神戸市立向洋小学校
  • 校長 奥村富三さん
REAL VOICE03-1

東灘区でも有数の規模を誇る公立小学校。
保護者・地域とともに、児童たちの学びを支えます。

当校は六甲アイランドの誕生とともに開校。神戸市の公立小学校でも比較的人数の多い、約950名の児童が通学しています。住環境の整った立地もあってか、穏やかで落ち着いた子どもたちです。協力的な保護者会とともに、自立心・協調性をしっかりと育てる教育に力を入れています。また、六甲アイランドでは一年を通して地域行事が活発です。子どもたちがこの島に郷土愛を持ち、誇りに思えるよう、当校も保護者・地域との連携を進めています。

神戸市立向洋小学校
校長 奥村富三

  • 神戸市立六甲アイランド小学校
  • 神戸市立六甲アイランド小学校
  • 神戸市立六甲アイランド小学校
  • 神戸市立六甲アイランド小学校
  • 校長 宮地陽一朗さん
03-2REAL VOICE

授業研究などを通じて教員の指導力を高め、学びの意欲に応えられる教育環境をめざします。

1993年に神戸市立向洋小学校から分離して開校した当校には、現在約340名の児童が在籍。近年は神戸市全体の取り組みとしてICT機器を用いた授業を行っていますが、教員二人組での授業・教材研究を行うなど、教員の指導力を高める取り組みにも力を入れています。また、放課後に子どもたちが島内の公園で元気に遊び回り、塾や習い事に通えるのも、ここには通学の安全や防犯面で安心できる環境があるからでしょう。外国人児童も多く、一緒に過ごす中で国際感覚を養う機会にもなっているように思います。

神戸市立六甲アイランド小学校
校長 宮地陽一朗

03-3REAL VOICE

施設を利用している皆さんに
お話を聞きました!

VOICE 1 ママ友にこの施設のことを教えてもらって利用しました。室内は清潔でオモチャの数も豊富。1時間では遊び足りず、追加で1時間延長しました(笑)。

VOICE 2 三宮などの都会に行かなくても無料でこんな施設が利用できるので重宝しています。大型遊具が多く、雨でも子どもは体を思いっきり動かして遊べます。

VOICE 3 事前予約制で定員も決まっていますので、混雑していて遊べない…といったことがないのはうれしいです。遊具で遊ぶのは就学前の子どもたちばかり。いろんな子どもとの出会いがいい刺激になっています。

VOICE 4 一度この場所で遊んでから子どものお気に入りスポットに。今日は友人を誘って来ました。室内でこれだけ遊べるなら、夏の暑い時期でも安心して遊ばせられます。今度は仲の良い友達を誘って来てみたいですね。

こべっこあそびひろば 六甲アイランド
暮らし04

アクセス至便で景観の美しい居住区画の利便性と、イベントなどを通じた地域の一体感も魅力。

六甲アイランドは沿岸に工場・倉庫などが広がり、居住区画は1周約5kmのグリーンベルトが囲む街の中心部に位置。神戸の市街地や大阪都心部へのアクセスが便利なJR神戸線住吉駅から延びる六甲ライナー(新都市交通六甲アイランド線)が島の南まで走り、その足元には約1kmの人工河川が流れています。海辺や六甲山の風景だけではなく、人工河川を整備した親水エリア「リバーモール」の夜間ライトアップも魅力の一つ。夏場になれば水遊びを楽しむ親子の姿も見られます。お出かけスポットが集まるのは、居住区画の中心にあるアイランドセンター駅周辺。ショッピング施設からホテル、飲食店、ミュージアムまで、日々の暮らしを彩る施設が充実しています。
また、平日昼間の六甲アイランドは閑静な住宅街ですが、地域行事では多くの人で賑わいます。イースターにちなんだ春の「ウェルカムフェスティバル」をはじめ、夏にはさまざまな国籍の住人が盆踊りや縁日を楽しむ地域最大級のインターナショナルイベント「RICサマーイブニングカーニバル」を開催。町内清掃をはじめとした島の住環境をよりよくするための、地域活動も活発です。

六甲アイランドエリアに移住された方の声INTERVIEW一覧を見る

藤村貫之さん・美樹さん

藤村貫之さん・美樹さん

年齢:30代
家族構成:3人
尼崎市から移住。

詳しく見る

六甲アイランドエリアの物件情報Link

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)は全国のマンション、一戸建て、土地などの販売・売却情報から賃貸・リフォームまで、住まいに関するあらゆる情報が満載の不動産総合ポータルサイトです。

この記事をシェアする