LIVE

住む

ちょうどいい暮らしが神戸にはある

神戸の中心部はほどよく都会で、すぐ南には海、そして北に行けば山がある。
気候のよさや人の数、住まいにかかるお金など、どこをとっても神戸は“ちょうどいい”場所です。

神戸に住む魅力3 REASONS

海も山も家族で楽しめる
自然がいっぱい

夏は涼しく、冬は暖かく、
過ごしやすい

人口密度が低く、
ゆったりとした暮らし

海も山も、温泉地も
酒造もすぐそこに

自然と触れあえる場所がたくさんあるから、海水浴、登山、味覚狩り、スキーなど、季節ごとのレジャーをすぐ近くで楽しめます。休日には「有馬温泉」でほっこりしたり、「灘五郷」で酒蔵めぐりをしたりもおすすめ。

夏は涼しく、
冬はあたたかい

神戸は年間を通じて天候が安定している瀬戸内海式気候です。冬でも雪はほとんど降らず、また年間の日照時間も多くなっています。六甲山と海からの自然の風は、それぞれ気持ち良く感じられます。

東京や大阪ほど
人口密度が高くない

神戸市の人口密度ランキングは、20政令指定都市のうち9位。
神戸の中心地である三宮駅や神戸駅あたりでも、魅力的なお店をゆっくりと楽しめます。

※出典:令和元年版大都市比較統計年表

上下水道料の
支出額が最も低い

上下水道料の支出額の全国平均は、年間61,612円。神戸市は47,603円で、政令指定都市の中でいちばん低くなっています。

※出典:総務省「家計調査」における上下水道料
平成30~令和2年の3カ年平均

神戸市アクセスマップKOBE CITY ALL AREA MAP

市内の移動には、JR・複数の私鉄・バスが走っており、中心地の三宮までどのエリアからも30分以内にはアクセスができます。また、中心地三宮から大阪まで約21分となり、大阪通勤まで至便です。

神戸市アクセスマップ

東京と比較した神戸の暮らしLIFE STYLE IN KOBE

東京23区
神戸と東京における支出モデルの比較
神戸市
家賃
食費
光熱費
神戸市の方が生涯支出合計が約3,500万円安い!

[ 出典 ]総務省・平成26年全国消費実態調査
家賃は総務省・平成29年小売物価統計調査をもとに70㎡で積算

神戸と東京における通勤時間の比較
神戸での平日・休日モデルプラン

住み替え支援制度が豊富SUPPORT SYSTEM

転居者や新婚、子育て世帯は家賃が安くなる

ライフステージに応じた住み替えを応援

新婚・若年夫婦・子育て世帯の住み替えにかかる費用を支援します。

新婚・子育て世帯にむけた住み替え支援・補助

若年夫婦世帯の中古住宅取得を最大120万補助

若年夫婦世帯(39歳以下)が中古住宅を取得し、リノベーションや建て替えを行う際の住宅取得費用を最大120万円補助します。

子育て支援住宅取得補助制度

子育て世帯の住替えを最大40万円補助

子育て世帯(未就学児がいる世帯)がより良い住環境の賃貸住宅に住み替えを行う際の費用を最大40万円補助します。

神戸市子育て支援住み替え支援事業

子育て世帯の中古住宅取得を最大120万円補助

子育て世帯(中学生以下の子がいる世帯)が中古住宅を取得し、リノベーションや建て替えを行う際の住宅取得費用を最大120万円補助します。

子育て支援住宅取得補助制度

親・子・孫3世代の近居・同居を最大20万円補助

子育て世帯(未就学児がいる世帯)とその親世帯が近居・同居する際の引っ越し費用等を最大20万円補助します。

親・子世帯の近居・同居住み替え助成事業

新婚・子育て世帯に優しいSUPPORT SYSTEM

転居者や新婚、子育て世帯は家賃が安くなる

神⼾市公社賃貸の⽀援制度
神戸に引っ越してきた若者や新婚さん、子育て世帯に対して、
神戸公社賃貸の対象住宅の家賃を支援します。

はたらくKOBE

29歳までの独身で神戸に就職・転職する場合、
最大5年間で60万円の家賃支援。さらに「家賃2ヶ月無料」
または「家電付き住宅へグレードアップ」

ハッピーウエディング

入籍後3年以内もしくは契約後3ヶ月以内に入籍が可能な世帯に最大3年間月額5,000円または10,000円を支援。

ウェルカムKOBE

市外から転入すると最大3年間月額5,000円を支援。

すくすくジュニア

中学生以下の子どもと同居している世帯に月額5,000円または10,000円を支援。

充実の賃貸・売買物件情報RENTAL & SALE

どのエリアでも地域密着型の不動産情報サイトが充実

関連サイトLink