MYODANI AREA

名谷エリア

駅前を中心に活性化プランが進行中
利便性と自然が調和したニュータウン

名谷エリア

名谷エリアの基本情報INFORMATION

名谷エリアの特徴 子育て世代に優しい環境の充実、ゆとりある郊外型居住エリア、街と自然の距離が近い
名谷エリアの教育施設
医療機関、商業施設など
公園の数 落合中央公園・竜が台東公園ほか(16)
保育園・幼稚園の数 名谷フォレスト保育園・すみれ保育園ほか(8)
小学校の数 竜が台小学校・西落合小学校ほか(8)
児童館の数 菅の台児童館・落合児童館ほか(5)
病院・クリニックの数 かわと内科・循環器内科クリニック・花畑クリニックほか(10)
スーパーの数 ダイエー名谷店・マルハチ名谷駅前店ほか(8)
薬局・ドラッグストアの数 オーエスドラッグ名谷店・アルカドラッグ名谷店調剤薬局ほか(8)

アクセスACCESS

鉄道

名谷エリアご近所マップMAP

名谷エリアご近所マップ
  • 保育所
  • スーパー
  • 郵便局
  • 学校
  • 病院・薬局
  • 公園
  • 役所関係
  • 図書館
  • 飲食店
  • ショッピング
  • スポーツ施設
GISでみる

※GIS(地理情報システム)とは地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を
持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示する技術。

名谷エリア 5の魅力5GOOD POINTS

ロケーション01

子育て世代にもうれしい
ゆとりある暮らしが実現できるまち

神戸市営地下鉄名谷駅を中心に住宅街が広がる名谷エリア。ニュータウンで、住宅や道路、公園、商業施設などが計画的に配置された、ゆとりある郊外型居住エリアである一方、豊かな自然に恵まれ、子育て世代にも優しい住環境が整っています。
国立病院の神戸医療センターをはじめ医療が充実、また5つの高校と1つの大学があり駅前は学生で賑わっています。駅周辺は多方面にわたり再整備や住機能の強化など活性化プランが進んでいます。

02-1通勤・通学

都心部へのアクセスに優れた
ベッドタウン

名谷エリアは神戸を代表するベッドタウンの一つ。名谷駅からは地下鉄で三宮まで18分、大阪へも1時間以内でアクセスできます。名谷駅は神戸市営地下鉄西神・山手線では三宮駅に次いで2番目に乗車人数が多く、須磨区内の鉄道駅では最も利用者の多い駅ですが、朝・夕は3~6分程度の間隔で運行。ラッシュ時でも大きく混雑することなく通勤・通学できます。

神戸市営地下鉄名谷駅

通勤シミュレーション

※地下鉄=神戸市営地下鉄 西神・山手線

※JR=JR神戸線

※阪急=阪急神戸線

周辺地域との結節点02-2

路線バスが地域の足として運行
各方面へ延びる高速道路網も充実

名谷エリアは地下鉄以外にも、近隣の学校や医療施設、商業施設を結ぶバス路線が充実。名谷駅前のバスターミナルには常時バスが出入りし、名谷内の回遊や、垂水や明石などの周辺エリアへの発着点となっています。
また、周辺には高速道路のインターチェンジや出入口があり、休日のおでかけや帰省などでの車のアクセスも至便。淡路島へは高速道路・明石海峡大橋を利用し20分で行くことが出来ます。

02-3安心・安全のまちづくり

安心してまちを歩ける
歩車分離を重視したまちづくり

ニュータウンとして整備された名谷エリアは、円滑な交通環境を実現させるために広域幹線道路と地区内幹線道路を立体交差で配置。また、公園や緑地などを結ぶ「赤道」とよばれる歩行者専用道路をニュータウン内に巡らすなど、歩車分離のまちづくりが進められてきました。「赤道」は現在も通学路として多くの子どもたちが利用するなど、安心・安全な通勤・通学環境につながっています。

名谷駅前03-1

「便利」「楽しい」がいっぱい!
多彩な施設が集まる名谷駅前

名谷エリアの特徴の一つが、駅前に充実する利便施設。なかでも商業施設は「大丸須磨店」「須磨パティオ専門店」「ダイエー名谷店」「コジマ×ビックカメラ名谷店」など、食料品から日用品、ファッション、家電など多彩に集まっています。
また、須磨区役所支所や銀行、郵便局、専門クリニックなども駅前に。スポーツ施設&クリニックモール「LUCCA名谷」も駅から徒歩圏内に位置しています。日々の買い物はもちろん、休日の家族とのおでかけまで、利便性に富んだニュータウンの玄関口はいつもにぎわいを見せています。

大丸須磨店 須磨パティオ専門店 ダイエー名谷店 コジマ×ビックカメラ名谷店
03-2須磨パティオ:大型ショッピングセンター

名谷と言えば「パティオ」!
地域に愛され続けるショッピングセンター

駅前の便利なロケーションに位置する「須磨パティオ」は、ニュータウンの中心施設の大型ショッピングセンターです。館内にはファッション、飲食、食料品などの多彩な専門店が約90店入り、フィットネスクラブも。毎時00分にからくりが動く1番館1階の時計台は、親子三世代にわたって愛され続ける名谷エリアのシンボルです。駅前ながら駐車台数は1500台以上。週末は名谷エリアをはじめ、遠方からも多くの人が訪れています。

須磨パティオ
須磨パティオ:子育て世代に向けた取り組み03-3

地域の暮らしに密着したパティオ
子育ての目線に立った取り組みも

パティオは駅から住宅街へ抜ける生活動線の一部であり、帰宅前に専門店でショッピングやグルメが楽しめたり、雨天でも濡れずに買い物ができるのもうれしいポイント。
ベビーカーの貸し出しや授乳室などもあり、赤ちゃん連れでも買い物が楽しめ、ママからも好評です。
噴水のある駅前広場などでは 、親子で楽しめるワークショップやイベントを行っています 。買物広場も令和4年4月にリニューアルオープンが完了しました。中央部に芝生(人工芝)を配置し、子どもが遊べる噴水や、ソフトブロックの遊具、ミストなどが整備されています。

ママノート|須磨パティオ専門店
03-4「リノベーション・神戸」名谷活性化プラン

名谷駅前をリニューアル中!
多世代が集う、にぎわいあふれる場所に

2025年度までの実現に向け、現在リニューアルが進行している「リノベーション・神戸」の名谷活性化プラン。コンセプトの一つが「商業・業務機能の強化」です。駅舎の美装化はもちろん、駅前ロータリーの利便性向上も図り、既存の駅前広場でもマーケットの開催やキッチンカーの出店など、にぎわいを生み出します。
また、「子育て世代に優しい環境づくり」もコンセプトの一つ。須磨パティオでは人工芝を敷き、親子でくつろげる買物広場へのリニューアル、フードコートの新設などを予定。新しくなる須磨区役所北須磨支所の庁舎には、乳幼児健診スペースなどの支所機能や親子の集いの場が充実するほか、働く場と保育機能を併設した新たな施設も計画されています。

「リノベーション・神戸」名谷活性化プラン
子育てがしやすいまち04-1

自然いっぱいの景観と多彩な教育施設
名谷は安心して子育てできるまち

歩道の幅が広く、歩行者専用道路「赤道」もニュータウン内に確保され、大小の公園や緑地も充実している名谷エリア。まちの景観と調和する豊かな自然にも触れながら、ゆったりと安心して子育てができる環境があります。須磨区は市内でも「保育施設」「教育環境」「子どもの遊び場」など、ほとんどの項目で満足度が高く、名谷エリアにも多くの子育て世代が移住しています。また、就学前の保育所や保育施設、幼稚園をはじめ、公立・私立学校、神戸大学名谷キャンパス、神戸女子大学須磨キャンパスなど、周辺には教育施設も充実しています。

*若年女性の社会移動に関する意識調査(神戸市)による

04-2神戸市立名谷図書館

誰もが気軽に本に親しめる
新たな空間が駅前に誕生

名谷活性化プランの一環で、2021年3月、大丸須磨店4階に「神戸市立名谷図書館」がオープンしました。木をふんだんに使った温かみのある空間は約1300㎡の広さ。ゆったりと静かに読書ができる空間とともに、親子で利用できる「おはなしの部屋」や「寝ころびスペース」など、子育て世代にうれしいスペースも備えています。
また、市立図書館で初となる座席予約システムも導入。予約制のグループ学習室や飲食可能な新聞コーナーなど、本を読む以外にも便利な場所が設けられています。

神戸市立名谷図書館
習い事04-3

学びの場も名谷駅前に
さまざまなスクール・教室を開講

名谷エリアは子どもたちのスポーツや学びの意欲に応える多彩な施設が充実しています。ニュータウン内の送迎バスも運行しています。ピアノや書道といった教室、進学塾も駅前に。須磨パティオ内の「名谷カルチャーセンター」「神戸市立北須磨文化センター」でさまざまな講座・教室が開講されています。

名谷カルチャーセンター 神戸市立北須磨文化センター
04-4公園

家族みんなで楽しみたい
特徴ある大小の公園が充実

名谷駅前には、自然林の中を散策したり遊具で遊べる落合中央公園、野球場もある名谷公園、ロングスライダーが人気の竜が丘公園など、ニュータウン内には特徴ある公園が点在。
また、多彩なスポーツ施設が集まる「神戸総合運動公園」は、プロ野球やJリーグなどの試合が開催される、ほっともっとフィールド神戸やユニバー記念競技場といった大型スタジアムから、子どもたちが遊べる、「冒険のくに」「自然のくに」があります。子どもたちに大人気の長大すべり台や、アスレチックなどの遊具もあり、自然環境の中で一日中楽しめます。また、夏季には「ちゃぷちゃぷ池」がオープン、水遊びスポットとして大人気です。春には5万本の菜の花、秋にはコスモスが彩られるなど、無料で楽しめる総合公園です。

落合中央公園 神戸総合運動公園
AOZORA04-5

元幼稚園を活用して
「働く場」「集う場」を創出

閉園した神戸市立あおぞら幼稚園の施設を活用して、地域雇用と地域活性化の場として2019年に誕生した神戸名谷ワークラボ AOZORA。「ジョブシェアセンター神戸名谷」は、フルタイム・短時間勤務が可能で、子育てしながら働きたい主婦や、高齢者の方など、それぞれのライフスタイルに合わせ働くことが出来る、職住近接オフィスです。また、カフェや家庭菜園、コラボレーションスペースを併設。地域のさまざまな団体・事業者との交流の機会も設けるなど、ニュータウンに「働く場」「集う場」を生み出しています。

神戸名谷ワークラボ AOZORA

「「働く場」としては開所以来、区内で暮らす子育て中のママさんを中心に、延べ250人以上がジョブシェアセンター神戸名谷に就業しています。週1日・3時間から希望に合わせて働けるとご好評いただいています。
一方、「地域活性化の場」として菅の台ふれあいのまちづくり協議会がカフェを運営し、コラボレーションスペースは地域行事、サークル活動、イベント、セミナーなどに利用されています。最近では近隣の事業者との協働で“AOZORAバザール”を開催し地域住民で賑わいました。
これからも、地域の「働く場」と「地域活性の場」としての役目を担っていきたいと考えています。」

神戸名谷ワークラボAOZORA
仲宗根センター長

■ジョブシェアセンター神戸名谷で働く方に聞きました!

「高校生・中学生の娘二人を育てながら、ジョブシェアセンター神戸名谷で働いています。職場復帰を考えていた時、1日3時間から働けると聞いて働くことに決めました。徒歩圏内の距離に職場があることが何よりも大きなメリット。つい先日も娘が家の鍵を忘れた時、すぐに対応できました。勤務シフトも柔軟に対応してくださるので、子どもの行事や外せない用事があっても安心して働けます。
名谷は新しい図書館ができるなど駅前のリノベーションを中心に“住みよいまちづくり”が現在進行形で進んでいます。そんな利便性と豊かな自然が共存する名谷は、特に子育て世代の方々にとっては住みよい環境だと思います。」

ジョブシェアセンター神戸名谷勤務
杉本さん

05スマスモ

須磨のくらしがわかる
ポータルサイト

須磨区の移住者向けポータルサイト「SUMASUMO(スマスモ)」。くらしに関する取り組みを動画で紹介する「スマスモTV」など、住環境に特化した情報を発信しています。

スマスモ

名谷エリア
駅前リノベーション
RENOVATION

躍動する多世代共生のまちへ
~名谷活性化プラン~

名谷エリアでは、「躍動する多世代共生のまち」をコンセプトに、新たな図書館や子育て支援施設の整備による子育てに優しい環境づくりをはじめ、駅前時間が楽しくなるような商業施設や自然豊かな公園のリニューアルなど、このまちに暮らす人々がゆとりある時間が過ごせるよう、駅周辺の多彩なリノベーションを進めています。
大人も子どもも楽しめる名谷で新しいくらしをはじめませんか?

生まれ変わる名谷の魅力を、住民の皆様の期待の声とともにお届けします。

名谷エリアに移住された方の声INTERVIEW一覧を見る

石田和葉さん(仮名)

年齢:30代
4人(夫・妻・子ども2人[11歳・3歳])
福岡県から移住。

詳しく見る

名谷エリアの物件情報Link

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)は全国のマンション、一戸建て、土地などの販売・売却情報から賃貸・リフォームまで、住まいに関するあらゆる情報が満載の不動産総合ポータルサイトです。

この記事をシェアする