SHIOYA AREA

塩屋エリア

人とのつながりが心地よい
海と山に囲まれた小さな町

塩屋エリア

塩屋エリアの基本情報INFORMATION

塩屋エリアの特徴 海と山が近い町、魅力あふれるお店、人とのつながり
塩屋エリアの教育施設
医療機関、商業施設など
公園の数 塩屋町公園・天神ヶ平公園ほか(20)
保育園・幼稚園の数 しおやこども園・塩屋幼稚園ほか(7)
小学校の数 塩屋小学校・塩屋北小学校
児童館の数 塩屋児童館
病院・クリニックの数 安藤クリニック・森医院ほか(6)
スーパーの数 コープミニ塩屋・イオンジェームス山店ほか
薬局・ドラッグストアの数 スギドラッグジェームス山店ほか

アクセスACCESS

鉄道

塩屋エリアご近所マップMAP

塩屋エリアご近所マップ
  • 保育所
  • 児童館
  • スーパー
  • 郵便局
  • 学校
  • 病院・薬局
  • 公園
  • 警察署
  • 飲食店
  • ショッピング
GISでみる

※GIS(地理情報システム)とは地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を
持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示する技術。

塩屋エリア 5の魅力5GOOD POINTS

ロケーション01

海と山に囲まれた風情のある町

神戸市中心部から電車で約20分。海と山に囲まれた神戸で、もっとも海と山が近いエリアのひとつです。
塩屋は明治以降、外国人居住地として発展した歴史を持ち、今も異人館が点在。その空気感と、細い路地に商店が連なる駅前商店街など、どこか懐かしさを感じる風情をあわせ持っています。
近年はこの景観や地域のカルチャーに惹かれ、塩屋での開業や移住が増えており、情報誌でも特集されるなど、注目を集めています。

02-1異人館

歴史を物語る異人館は町のシンボル

明治以降、ヨーロッパの貿易商人が別荘を構えた塩屋には、今も異人館が残っています。開発者のアーネスト・W・ジェームス氏の名に由来する“ジェームス山”と呼ばれる住宅街。その中に佇む、神戸市指定有形文化財であるジェームス邸は、結婚式場やレストランとして親しまれています。
また、多目的スペースとしても利用される旧グッゲンハイム邸は、音楽・アートといった町ぐるみの多彩なイベントが開催されるなど、塩屋文化の発信拠点となっています。
他にも岩井邸や旧後藤邸なども点在し、塩屋の景観を彩っています。

ジェームス邸 旧グッゲンハイム邸
商店街02-2

日々の買い物が楽しい
個性あふれる名店揃い

駅前を中心に約70の商店がある塩屋。昼網の魚が手に入るお店や、自家製豆腐などが揃うお店、黒毛和牛をリーズナブルに購入できるお店や飲食店など地元で愛されるお店はもちろん、近年はUターンや移住者が開業したニューフェイスも。
また、塩屋で引越し先を探すなら、地域の細かな情報に精通した、商店街の不動産屋さんに相談してみましょう。思わぬ掘り出し物件に出会えるかもしれません。

塩屋商店会
02-3交通

塩屋コミュニティバスしおかぜ

塩屋エリアは道幅が狭く、バス運行ができない地域であることから、代わりとなる交通手段を検討。塩屋住民のコミュニティが主体となって「塩屋コミュニティバスしおかぜ」の試験運行がスタートしました。2017年4月より、「塩屋コミュニティバスを走らせる会」が運行主体、山陽タクシー株式会社が運行事業者となり本格運行を実施。「しおかぜ」は地域の足として活躍しています。

塩屋コミュニティバス「しおかぜ」
地域の交流02-4

地域の誰もがご近所さん
人との距離が近い町

気さくな雰囲気は塩屋の特徴の一つ。住民の町への愛着が、「塩屋をよりよい町へ」という活動につながっています。
コミュニティバスしおかぜの停留所に置かれた切り株。こちらは「田仲とうふ店」店主の田仲盛秀さんが「バス待ってるときに立ってたら疲れるやろ」と置いたもの。住民やお店の方々が七夕飾りの準備やボランティアなど、地域行事には率先して顔を出すのが、塩屋の日常。青少年育成委員会の塩屋支部長として、地域の“見守り役”も務める田仲さんは、今日も道行く子どもたちに「いってらっしゃい」「おはよう」「おかえり」と声をかけます。

02-5子育て

住民同士の温かな交流が
子育ての安心に

塩屋は小中学校や幼稚園、保育施設、児童館などが揃い、子育て・教育環境が整備されています。地域や住民同士で子どもたちを見守る風土も。子育て世帯からは「町へのクルマの進入が少なく安心」といった声が挙がっています。

アート03-1

町全体が表現のフィールド
アートと生活が共生する町

住民同士の助け合いを通して地域のつながりを育んできた塩屋。その歴史的背景や文化、海や異人館のある景観だけでなく、アートと町の生活が混ざり合って、独自の文化が醸成されています。
塩屋を散策していて、アートに出会えることもあります。山陽塩屋駅高架下に飾られているのは、絵描き・絵本描きの阿部 海太さんの作品。その向かい側では、イラストレーターの遠山敦さん、画家・絵本作家のミロコマチコさん、アーティストの松田祭さん3名共作のライブペインティングによる作品と、絵本作家のおおたけなおこさんが、塩屋保育園の子どもたちと制作した作品がご覧になれます。

03-2イラストマップ

塩屋の魅力は歩けばわかる
塩屋の絵地図

塩屋のさまざまな魅力を詰め込んだ手作りイラストマップ。2017年初版から何度も、2019年改訂版、2021年エリアを拡大した塩屋商店会による「地図版塩屋市」、2022年カラー版「ぶらり塩屋の町」と改訂を重ねてきました。企画・制作はシオヤプロジェクト。知る人ぞ知る穴場情報たっぷりの地図は「塩屋をくまなく歩いてきた」という木版画家・西野通広さんによるものです。塩屋の魅力を体感するには、このマップを片手に町を歩いてみることをオススメします!

※「地図版塩屋市」の配布は終了していますので、新版の「ぶらり塩屋の町」を町の中で探してみてください。

ぶらり塩屋の町 - 歩いて、観て、感じて、発見マップ|シオヤプロジェクト
カルタ03-3

町の魅力をかるたの詩に
しおやカルタ

「きゅうなさか じごくじごくと げんきなばあちゃん」といった塩屋の町や人の日常的な様子や塩屋の個性あふれるお店を表現した44組のカルタです。企画・制作はシオヤプロジェクト。2016年から地元住民とワークショップを重ねて言葉を厳選し、約3年間かけて完成しました。絵札は1枚ずつゴム版を彫って作ったおおたけなおこさんによるもの。読み札印刷の初版は垂水のトランクデザインによる活版印刷です。塩屋にゆかりのある45人のショートエッセイ風解説文付。
しおやカルタのパネルは町のあちこちに掲示してあり、カルタめぐりは子どもたちにも人気。カルタめぐりは塩屋商店会とシオヤプロジェクトのコラボレーション企画です。

写真提供:シオヤプロジェクト

しおやカルタ|シオヤプロジェクト
03-4カメラマン

塩屋のアラーキーこと
サワーキー見参!

橋の上にカメラマン?川の上に餌のはいった“カクテルグラス”を紐で渡して「メジロが食べに来るのを待ってるねんけど、もう時期が終わったな」とカクテルグラスだけが写ったカットをパシャリ。こちらのカメラマン、実は塩屋商店会で八百屋さんを営む、「みにとまと」店主の澤勝弘さん。町のイベントごとではカメラを抱えて、あちらこちらと走り回っているそう。店内には旬の野菜や果物と並んで、澤さんが撮影した写真もずらりと並びます。

04お店紹介

一度は訪れたい話題のお店が続々出店!

近年は情報誌の特集記事でも紹介される塩屋。カレー店やピザ店、クラフトチョコレート店、ギャラリーショップなど、個性豊かな店舗がこの地で開業しています。

お店紹介04-1

Ryu Cafe

素敵なご夫婦が営む、台湾茶、台湾料理が味わえる古民家カフェ。ご予約はInstagramメッセージで。移住者インタビューにも登場!

住所:神戸市垂水区塩屋町3-8-4
定休日:不定休
※ランチは要予約

Ryu Cafe
04-2お店紹介

ワンダカレー店

手作り感あるかわいいのれんが目印! 牛すじベースのカレー専門店。一度食べたらやみつきに。

住所:神戸市垂水区塩屋町3-9-18
TEL:078-753-3443
定休日:火曜日

ワンダカレー店
お店紹介04-3

PIZZA AKIRATSCH
ピザ・アキラッチ

外はサクッと、中はモチモチ。店主こだわりの生地は、イタリア・ナポリスタイルがベース。店内でもテイクアウトでも、ピザ・アキラッチの味が楽しめます。

住所:神戸市垂水区塩屋町1丁目994-6
TEL:078-754-6322
定休日:日曜日・月曜日(月曜祝日は営業)

PIZZA AKIRATSCH ピザ・アキラッチ
04-4お店紹介

シオヤチョコレート

カカオ豆を焙煎して、イチから作るチョコレートのお店。 カカオの産地によって、こんなに味わいが違うなんて!とビックリ。憩いのカフェスペースもあります。

住所:神戸市垂水区塩屋町4-10-14
TEL:078-797-5209
定休日:火曜日

シオヤチョコレート
動画05

塩屋PR動画「シオヤワンダーランド」

神戸の西の海沿い、急な坂や階段が混ざり合う谷間の町、塩屋。その地に住み、営む人たちが中心となって、「今の塩屋」を記録した動画を制作しました。動画に出演している方はもちろん、デザイン・編集、音楽の作曲・演奏までを塩屋在住の方たちが担当しています。

制作|神戸市垂水区総務部まちづくり課

TARUMISM #1 塩屋|シオヤワンダーランド - Shioya Wonderland -

塩屋エリアに移住された方の声INTERVIEW一覧を見る

藤井俊輔さん・劉 晏伶さん

年齢:30代
家族構成:3人(夫・妻・子ども1人[0歳] )
台湾から移住。

詳しく見る

塩屋エリアの物件情報Link

リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)は全国のマンション、一戸建て、土地などの販売・売却情報から賃貸・リフォームまで、住まいに関するあらゆる情報が満載の不動産総合ポータルサイトです。

この記事をシェアする